ハロウィン/10月/イベント

自宅でハロウィンパーティー 子どもが喜ぶ楽しみ方

すっかり日本に定着したハロウィン。この季節になると、いたるところでハロウィングッズが売られ、私たちの目を楽しませてくれます。

「ハロウィン」は、どこからきたの?

諸聖人の祝日の前夜(10月31日)におこなわれるアメリカのお祭りが日本に広まり、多くの人に愛されるようになりました。その起源は、スコットランド・アイルランドにあると言われています。アイルランドでは、ハロウィンが近くなると各地でイベントが開催され、なかには仮装でランニングなどの催事もあるのだそうです。楽しそうですね。

子どもといっしょにハロウィンデコレーション!

買い物に出かけたところ、100円均一でかわいいハロウィングッズをみつけたので購入してみました。イベントを盛り上げるアイテムを少しずつそろえていくと、気分もあがります。

ドアには「小さいッ」と書かれた紙が貼られています。他にもいたるところに色々な文字が……。子どもに訊いてみたところ、紙の文字を発見した分だけお菓子がもらえるのだそうです。もうハロウィンパーティーの準備をしているのですね。

子どもたちは大はしゃぎで、部屋を飾り付けてくれました。するとその日から少しずつハロウィングッズが増えていくのです!
どうやら子どもたちが勝手に、家にある折り紙などで、新たな飾りを作っているようです。
ハロウィングッズを購入するのもいいですが、同時に工作セットも用意しておくと、我が家のように自然とハロウィンの飾りが増えていくかもしれません。

ハロウィンパーティーのアイデアをご紹介

子どもの友だちを招いて自宅でハロウィンパーティーを開催すると、いつもとは違う雰囲気のなか楽しい時間が過ごせます。そんな時に、子どもたちが喜びそうな催しを考えてあげるとみんなでワイワイいい想い出ができそうです。そこでハロウィンパーティーをより楽しくするアイデアをご紹介します。

1.各部屋に「Trick or Treat!」
各部屋やクローゼットなどの中で大人役の人物が待機。そこに子どもたちがノックして「Trick or Treat!」の合言葉を伝えます。
ちゃんと伝えられた子には、容器からキャンディーなどのお菓子をつかみ取りさせてあげるのです。外国のように「Trick or Treat!」と言いながらご近所をまわるのは大変です。みなさんがお菓子を持っているとは限りません。
でも家の中なら、多少はしゃいでも平気ですし、子どもたちはたくさんのお菓子に感激してくれます。かわいい小さな手が、より多くのお菓子をつかみ取ろうとするその様は、とても愛らしくいとおしくなります。

2.大きな袋にお菓子を入れて、下からつついてお菓子をゲット!
ママ友だちから教えてもらった方法です。
お菓子の入ったビニール袋を上から吊るし、それを新聞紙などで作った棒で下からつついて落としていくというゲームです。落ちてきたお菓子は自分のモノになるので、大盛り上がりです!

3.リンゴを使った「アップル・ボビング」
海外でおこなわれているハロウィンの余興です。大きめの容器に水を張ってリンゴを浮かべ、口だけで取るというゲームです。日本のリンゴは大きいものが多いので、小ぶりのリンゴがみつかったらやってみてはいかがでしょう。

他の食べ物で代用しても楽しいですね。

ハロウィンは収穫祭でもあります。この日は、甘くてトロっとしたカボチャスープを飲んで、秋の恵みを堪能したいなと思います。大人も子どもも満喫できるハロウィン。どうせなら思いきり楽しみたいですね。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ