家/マイホーム/家の設備

家づくりの参考にしたい、オススメ設備とすてきな住まい

これまで平屋をはじめ、木造づくりのアパートや中古戸建、鉄筋コンクリート造りの戸建やマンションなど、賃貸・分譲あわせて様々なタイプの住まいで暮らしてきました。
家の選び方によってライフスタイルは変わるもの。そういう変化に心躍らせるのも、家選びの楽しさかもしれません。
そこで今回は、家選びにまつわるちょっとしたヒントをお届けします。

断熱性も考慮して選ぶと、暮らし方が変わる

断熱性の大切さを感じたのは、断熱材を使用していない中古の一戸建 で暮らしていた時でした。
そこで過ごす冬は、ガスファンヒーターとエアコンを使って部屋を暖め、分厚い靴下にズボンをはき、座る時はひざ掛けが恋しくなるほどの寒いものだったのです。いくら暖房をつけてもリビング・ダイニング全体が暖まりません。
木造だから仕方ないと半分あきらめていたのですが、新築の木造住宅にお邪魔したところ、ぬくもりが全然違うことに気づいたのです。近年の新築住宅の多くは、とても高品質で断熱性に考慮したつくりとなっています。そのため、同じような広さでも暖まり方が変わってくるのですね。

そういうことを見越して中古物件を購入された方もいました。その人は、立地とある程度の広さがあれば、あとはリフォームでどうにでもなるという考え方の持ち主。住宅購入費とは別にリフォーム代を用意することで、新築建売住宅よりも自由度が高く、価格も抑えて購入できたようです。その際、断熱性を高める施工をされ、床暖房も備えたそうです。
新築にこだわって家を買い、駅が遠くなったり、のちにローンが負担になったりするのでしたら、立地と広さ優先で中古物件を選んで差額をリフォームにまわすのも賢い選択ですね。

オススメな住宅設備

家やマンションを購入したママさんたちに「選んで良かったと思っている設備はなにか」と訊いてみたことがあります。その時教えてもらった設備や私が実際に使ってみて感じたことをご紹介します。

1.食器洗い洗浄機
標準装備されていることも多い、人気の食洗機。一度使うと、やめられなくなるというママさんが続出です。私は導入を躊躇していたのですが、まわりに薦められて採用しました。手洗いしていた頃は、毎年冬になると食器を洗うたびに手が荒れて痛かったのですが、そういうこともなくなりました!

2.浴室乾燥機
こちらも標準装備されている家が多い人気設備ですね。
なぜ、私がわざわざ浴室乾燥機をオススメしたかというと、アイロンがけの手間が省けるから⋅⋅⋅でもあるのです。

<浴室乾燥でワイシャツのアイロンがけが不要になる乾かし方>
●濡れたワイシャツをハンガーにかけて、手でカタチを整え「乾燥」ボタンを押す
●乾いたら置きっぱなしにせず、あたたかい内に取り出す
※湯舟に水が張られている場合、置きっぱなしにすると湯舟の水分でせっかくのパリパリ感が損なわれてしまうので注意が必要です。

忙しい主婦にこそ、オススメしたい設備です。 また、寒い冬の入浴前に浴室を暖めておけば、寒暖差による体調変化の緩和にも繋がります。

3.天井吊り下げハンガー
バルコニーの近くに設置しておくと便利です。夜の内に洗濯をすませ、こちらに仮干ししておけば、朝は物干しハンガーを外に出すだけでOK。家事の時短にも繋がる上、室内にいながら洗濯物が干せるので、小さなお子さまがいても安心です。
重荷に耐えられるように天井の補強が必要なので、最初に導入することをオススメします。

住まいにはそれぞれの表情があり、良さがある

設備面に注目した内容でお届けしていますが、いろいろ住んでみて心に残っている住宅は平屋建ての住まいでした。洗濯機が外にあり起きる時間に合わせてタイマー予約をしても、冬は寒すぎて洗濯槽の水が凍ってしまい洗えていないこともある⋅⋅⋅そんな住まいです。
そして、時々訪問者もやってきました。家の守り神と言われるヤモリです。上から降って登場したことも今ではいい想い出。マンションの上階に住んでいたら、そういう経験はなかなかできないですよね。

いろいろなモノが溢れている現代だからこそじっくりと考え、自宅購入を検討中の方も、リフォームを検討中の方も、理想の住まいを描けたらいいですね。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ