ワインラベル/想い出/ワインレコーダー

家族のやさしさを残すワインラベル

ワインが好きで普段からよく飲んでいたら、今年の母の日に赤ワインを10本プレゼントされました。うれしくて毎日のように飲み、ついにワインをいただいた時から決めていた<ワインラベル・アルバム>を作ることに!
ワインラベルの残し方をいろいろ試してみたので、みなさまも試してみてはいかがでしょう。

ワインラベルを記録する方法

ワインラベルを残す方法はいろいろあります。中でも一番手軽なのがワインの瓶をキレイに並べて部屋に飾ること。でも瓶は場所をとりますし、思わぬ怪我に繋がりやすいので、ラベルのみ残す方法を選びました。

ワインラベルをお湯に浸して、ラベルを取る方法
ワイン瓶ごとお湯の張ったバケツに入れて、しばらくつけておく方法です。残念ながら、いただいたワインでは一晩置いても取れることはありませんでした。ちなみにカッターなどで剥がそうと試みましたが、それもダメ…。
どうやら、いただいたワインについているラベルは、紙とのりだけでついている剥がしやすいタイプのモノでは無かったため、この方法では難しかったようです。

試しに、紙とのりだけでついているタイプのワインラベルに、少し水を含ませたところ手でも剥がすことはできました。この場合、丁寧にやらないとボロボロになってしまうので注意が必要です。

ベンジンを使って剥がす
インターネットで調べたところ、ベンジンもいいということを知り、さっそく試してみました。和服の衿汚れ落とし用に置いていたベンジンが、こんなところで役立つとは…。なんてうれしくなりながら試みましたが、こちらも我が家のワインとは相性が良くなかったようです。ベンジンはすぐに揮発してしまうのですべて剥がすのには、とても根気がいります。私は、うまくいきませんでした…。

ワインのアプリに記録する
ケータイアプリのVivino(提供元:Vivino)で記録に残してみました。こちらのアプリは、ラベルを写真で撮るとその銘柄情報が出てくるので、細かい情報を打ち込む必要がなく、とても便利です。さらに他のユーザーの感想なども見られるので、新しいワインを選ぶ際の参考にもなります。
もちろん自分のワインに対するコメントなども保存でき、ラベルと共に味の記憶も残せます。SNSで友人と情報をシェアすることもできてオススメです。

でもやはり紙好きな私としては、本のようにページめくりしながら楽しみたい!という想いが消えず…。ワインラベルの記録の旅は続きます。

「ワインレコーダー」を使う
思い切ってワインレコーダー(アモウ株式会社)を購入してみました。こちらの商品は、ワインのラベルが何層にもなっていることを利用して作られた商品です。透明シートをラベル印刷面に貼り付けて、透明シートの粘着力によって印刷面を剥がしていきます。それを付属されている専用の台紙に貼ると、アルバムの1ページが完成します。ちなみに裏面には、ワインの情報を記入できるようになっています。

こちらの商品、結論からいいますと大正解!子どもと一緒に作業ができて、いい想い出となりました。
でもキレイに剥がすための注意点もあります。

<注意点>
●必ずボトルを拭いてから!
ワインラベルの周辺はそれほど汚れていないので、そのまま透明シートを貼っても平気でしょう…。なんてズボラは、やめた方がいいです。素晴らしい粘着力で細かい汚れまでくっついてきます。
いくらきれいにラベルが剥がれても、まわりの透明シートに汚れがついていては残念な気持ちになりますよね。簡単にさっとひと拭き程度でもいいので、汚れを落としてからやることをオススメします。

●透明シートをつける際は、空気&シワはダメ
シートとラベルの間に空気が入り込んでしまうと、その部分だけラベルが剥がれ難くなってしまいます。逆に言うと、それがクリアできれば面白いほどキレイに剥がれるので楽しいですよ。子どもたちは必死で空気を抜くためにシートを撫でつけていました。
こまめにチェックしてあげれば幼稚園児でもできる作業なので、みんなで楽しめます。

デジタルとアナログでワインと家族との時間を記録する

母の日にもらったワインですが、こんなカタチで子どもたちと楽しめるようになるとは思いもしませんでした。ワインは大人の飲み物ですがワインレコーダーに記録することで、子どものやさしい気持ちを形にして残すことができ、一緒に作業したことで母と子に共有の想い出を作れたのです。

私が購入した「ワインレコーダー」にはシートと台紙が各12枚入っているので、まだ楽しめそうです。新しく購入した赤ワインを飲み終わったら、また子どもたちといっしょにワインアルバムを作ってみようと思います。
みなさまも、おいしいお酒の記録を残してみませんか。思わず熱中するかも…。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ