夏休み/育児

夏休み到来!子どもにイライラしない夏休みの過ごし方4選

子どもたちの夏休みがはじまった方も多いのではないでしょうか。例年「楽しいのは最初の1、2週間だけ」と嘆くママさん方を見かけますが、いかがお過ごしでしょう。
夏休みは、ママと子どもだけの時間が長くなりがちな時期でもあります。ママにとっては自分の時間を持てない上、やることはたくさんあるので、知らないうちにストレスを溜め込んでしまうことも……。
そこで今回は実践して効果があった「イライラせずに夏休みを楽しむ方法」をご紹介します。

1.まずは「ママの行動の見直し」からスタート

宿題や習い事の練習など、やらないと子ども自身が困ることはたくさんあるのに、ダラダラしがちな夏休み。でもママの態度や声がけ次第で、 子どもの対応を変えることは可能です。スムーズに勉強してくれれば、ママも自然と笑顔になれますね。

●「勉強しなさい」は封印する
私たちが子どもだったころ「勉強しなさい」と言われた途端、戦意喪失しませんでしたか。「勉強しなさい」は封印して「勉強はどんな感じ?」と嫌味なく進捗状況を訊く程度にしましょう。

●「とりあえず〇〇〇」作戦
〇〇〇の中には「1問だけ解いてみよう」や「問題集、開いてみよう」などが入ります。この時 「とりあえず1問チャレンジする問題」は、比較的解きやすいものがいいでしょう。とりあえず1問、 問題を見たり解いたりすることでエンジンがかかり、「もう1問やってみたい」という次の段階へ自ら進んでいくきっかけをつくってあげましょう。

●勉強する姿を見せる
「お母さんは勉強をするので、その間あなたもドリルをやってみたら」と伝えると、すんなりやってくれることも。ダイニングテーブルに並んでの学習は、連帯感が生まれて楽しいですよ。

2.「やってみたい」を叶える

とくに小さな子は「あれやりたい!」がはじまると、叶うまでダダをこねがち。それでもダメなものはダメなので、普段は我慢させてしまうことも多いでしょう。だからこそ夏休みくらい、叶えてあげる方法を考えてみましょう 。

お出かけ系ならば子どももママも楽しめますし、気分転換にもなります。もちろん、物理的に無理なこともあるので、それはしっかりと理由を伝え 、代替案を提案してあげてもいいですね。
※夏休みのおすすめお出かけ先は、hanaさんのコラム が参考になります。

3.買い物を工夫する

夏休みは3食の献立を考えないといけないので、ママは大変です 。しかも小さな子どもを連れての買い物は、いつも以上にお金や時間がかかります。

そこでおすすめなのが、1週間分の献立を考えてネットスーパーなどの宅配サービスを利用することです。献立は肉料理と魚料理の日を交互にするとメニューが決めやすい上、偏食の予防にもつながります。さらに副菜なども記入しておけば、1週間単位の栄養バランスが一目でわかり、無駄な食材の購入を省けて節約にもつながります。
さらに宅配サービスを利用することで買い物先で騒ぐ子どもを怒ることもなくなり、重い荷物からも解放されるでしょう。

ついでに夏ならではのフルーツを箱買いして小分け冷凍すれば、ひんやりフルーツのできあがりなど、レパートリーの幅も広がります。
ママがラクできる上、普段買えない物にもチャレンジしやすいのが宅配サービスのいいところ。この季節ならではの食材を楽しみながら選んでみてはいかがでしょう。

4.パパを味方につける

夏休みの大変さをパパにも伝えて、できるだけ協力してもらえたらいいですね。パパと子どもと夏休みは、とても相性がいいように思えます。昆虫採りや川遊びなど、ワイルドに自然を楽しみながら過ごせるのが夏休みの醍醐味。ぜひ、パパを巻き込んで楽しんでみてください。

パパを味方にすれば、夜はママ友と飲みに行ったり、夏休みもママの習い事を休まずに行けたり、メリットはたくさんあります。

もっと夏休みが長かったらいいのに、と内心思っている私ですが、過ごし方によっては大変さばかりが目立ってしまいます。だからこそ子どもにイライラしない工夫を凝らして、 ママから笑顔を広げてみましょう。そうすればきっと、 家族みんなが楽しめる夏休みとなるはずです。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ