出産/妊娠/プレママ

マタニティダイアリーでhappy子育て

マタニティダイアリーをご存じですか?
妊娠中に日々の出来事や赤ちゃんの成長の様子などを記録する日記帳のことですが、私は長男を妊娠した時にその存在を始めて知り、仕事の合間を縫って日記をつけてきました。妊娠中はもちろん、出産を終えて子育てをする中でもこのマタニティダイアリーが役立っています。
何より、母である私を成長させてくれたのもマタニティダイアリーでした。

妊婦生活をhappyにしたマタニティダイアリー

日記をコツコツつけるのは苦手…、そんな私でもマタニティダイアリーだけは続けることができたのです。それだけお腹の赤ちゃんがプレママにもたらすものって大きいのですね。
妊娠していることがわかった日付とその時の気持ちを書くことからスタートし、赤ちゃんに対する思いや成長していく喜びを記入することで、少しずつ「ママになったんだ」という気持ちが強くなります。

妊娠中に感じたことや気づいたことを書くだけでなく、ママの体の変化を記入できたり超音波写真を貼ったり陣痛の間隔を記録できたりするので、妊娠中の体調管理や赤ちゃんの育ち具合も確認できるのです。
他にも、私が使っていたマタニティダイアリーには「妊婦健診にかかったお金リスト」「出産準備リスト」「赤ちゃん用品リスト」などのページがあり、初めての出産に向けて必要な物やお金の準備をすることにも役立ちました。

マタニティダイアリーは「ママになった喜び」を実感させてくれるだけでなく、出産に向けて様々な準備もでき不安が和らぐので、妊婦生活がよりhappyなものになったと実感しています。

出産後も役立つ

マタニティダイアリーは出産したら終わりではありません。
出産後、パパとママが最初に赤ちゃんに贈るプレゼントは?そう、名前です。
長男のマタニティダイアリーを見るとたくさんの名前の候補が書かれていて、最終的に決めた名前に込めたパパとママの願いもここに残すことができ、子どもが大きくなってからも振り返ることができます。

また、出産祝いをいただいた時に、「いつ、どなたから、どんなものを」プレゼントされて、内祝いとして何をお返ししたのかも記録できます。こういった記録をきちんと残しておくと、その後もお祝いをいただいた方々とお付き合いをしていく中で大いに役立ちます。

子育てをhappyに

出産後は初めての育児の忙しさに妊娠中のことを振り返っている余裕もなく、マタニティダイアリーはしばらくお蔵入りしていました。
初めての育児は、「大変」という一言では言い表せないほど想像を絶するもので、上手くいかないこともたくさんあり、子どもの成長や発達具合に悩んでひっそりと泣いたこともあります。仕事を育児休業中だった私は「早く育児から解放されたい。仕事の方がずっと楽…。」と思うことも…。

そんな時、ふと押し入れの中からマタニティダイアリーをみつけ読み始めると、妊娠中に感じたり考えたりしていた息子への愛情を思い出し、涙が止まらなくなりました。
マタニティダイアリーにたくさんの想いを記録していたおかげで、「お腹にいる時からずっと愛し続けてきた子」であったことを改めて感じ、「もっと笑顔でそして気持ちを少し楽にして育児を楽しもう」と気持ちを切りかえられ、その後、私の育児の軸にもなったのです。

今は5歳でやんちゃ盛りの息子、もう少し大きくなって反抗期あたりか、それとも息子が最愛の人をみつけて結婚する時にでも、プレゼントとしてこの宝物をそっと渡してみようかな、と密かに計画しています。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ