断捨離のやり方/効果

断捨離をしたらプチ幸せが舞い込んできた

12年間勤めた職場を離れ自宅で過ごす時間が増えるようになった時のこと。今まで見て見ぬフリをしてきたクローゼットの雑多な状態を直視するようになり、少し前にブームにもなっていた「断捨離」をすることに決めました。

自分にとって「本当に必要なものか」「本当に価値のあるものか」どうか

クローゼットの中には、流行に敏感だった10代後半から20代の頃に買いためてきたたくさんの洋服たちが埋もれていて、中には中学生の頃に着ていたワンピースやTシャツまで残っているような状態…。
それまでの私なら「いつか着るかも」「リメイクして何かに使うかも」「思い出の服だし…」などと思いながら、「捨てられない女」になっていたことでしょう。

でも今回は「断捨離をして身の周りも心もスッキリする!」と夫にも意気揚々と宣言をしていたので、一つひとつ洋服を手に取り、「本当に必要?」「今の自分にとって価値あるもの?」と自問自答していきました。

「絶対に着ないだろう」というものと、「絶対に必要」というものはわかりやすいのですが、どうしても「迷うもの」も出てきます。最初はこの3つに分けておき、「迷うもの」だけ再審査するのですが、私の場合「過去3年間に着たことがあるかどうか」をポイントにすると分けやすくなりました。
最終的に処分することに決めた洋服たちには「今までありがとう」と心の中で唱えると処分する罪悪感が和らぎ、心もスッキリします。

断捨離で舞い込んできたプチ幸せたち

断捨離で臨時収入Get!
処分すると決めた洋服や小物たちをリサイクルショップで買い取ってもらうと、自分が思っていた以上の金額がつき驚いたのと同時に、服や小物を良い状態で保管しておいたことで思わぬ臨時収入が入り、思わずニンマリ。

断捨離したら無駄遣いが減る
また、不用品を処分するとクローゼットや押し入れに新しい空間が生まれ、今ではこの空間が愛おしくて余分なものは買わなくなりました。買い物に行った時にも「本当に必要?」「似たようなもの、持ってない?」など考えてから購入するようになったので無駄遣いが減ったことも断捨離のおかげ。

思い返すと、以前は手持ちのアイテムをしっかりと把握していなかったため買い物に行く度に「かわいい」と思えば即買っていました。「かわいい」と思う自分のポイントは年齢を重ねても基本的には変わらないので、「同じような色合いの同じような服が増える→クローゼットがパンパンになる→手持ちの服を把握していないからまた買う」という悪循環。
これを断ち切れたのも断捨離をしたからこそ。

おしゃれを楽しむ心の余裕に気づく
クローゼットがスッキリすると、おしゃれを楽しめるようにもなりました。断捨離をする時に、今の自分の体型に合った服だけを残したのも良かったのかもしれません。
毎日のコーディネートも余分なものが目に入らない分、以前ほど迷わずにできるようになりました。

断捨離をすると身の周りがスッキリするだけでなく心まで解放されたようになり、ライフスタイルやモノの考え方も変わってきます。
今日もクローゼットの空間を誇らしげに思いながら、ここから舞い込んできたプチ幸せたちを感じています。ポッチャリだった出産後の洋服も処分したので、「断捨離」が今の体型維持にも役立てるかな、と淡い期待ももちながら…。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ