オススメ/コラム/一人旅

旅せよ、オトナ女子!好奇心が刺激される「ひとり旅」おすすめ理由3選

仕事や育児に疲れて、やっとひとりの時間が持てても、また翌日の平常業務が待っている日々。オトナ女子世代は、それぞれに責任 というしがらみが重くのしかかり、気づかぬうちに疲れをため込んでしまいがち。

「ひとり旅」がおすすめな理由

1. 挑戦力が身につく
何度も行った場所ではなく見知らぬ地に旅立つことで、より挑戦しようとする気持ちが高まる気がします。ひとり旅のスタートは、いつもとは違うバスに乗って知らない街に降り立ってみる……でもいいのです。その場合は、公共施設が見つかったら地図などをもらって、散策してみてもいいですね。
迷子になりそうになったら、人に訊きましょう。人がいない場合は、大きい道路をめざすのも手。住宅地ならば高い建物がある方向や、車が通り抜けていく方へ向かってもいいですね。大通りにはバスが通っていたり商店があったりするので、位置関係が把握しやすいと思います。それくらいアバウトに見知らぬ街に出てみると、思わぬ出会いもあるかもしれません 。

今の生活を続けることが、一番ラクなことです。でもひとり旅に興味のあるオトナ女子は、そういう日常を打破したいと願っている方が多いはず。新しい道や物事に挑む「挑戦力」が身につけば、きっとあなたに自信が生まれるでしょう。
一つ一つのささやかな成功体験を積み重ねていくことで、いざという時の「一歩」を力強く踏み出せると思います。

2. 自分のペースでいける
友だちや家族と旅行すると、行きたい場所に行けないこともありますよね。ひとり旅ならば自分のペースで興味を掘り下げていけるのが魅力。

以前、ぶらりと長野までドライブし、そのまま車中泊。帰りはひたすら下道を走り、山や海を満喫しながら東京まで帰ってきたことがありました。
行き当たりばったりの旅でしたが、非日常を味わえて心が洗われたのをおぼえています。
同乗者がいたならば、こんなプランにはならなかったはず。ひとり旅ならではの気ままさが、行動の幅を広げてくれたのかもしれません。

3. 新たなコミュニケーションが生まれる
ひとりで旅に出ると、親切な方々が声をかけてくれることもあります。でも待っているだけでは出逢えないこともしばしば。そこで、見知らぬ地に行く際に心がけていることがあります。それは、地元で働いている人や住んでいる人に、こちらから話しかけること。

そのきっかけとして「おすすめの〇〇を教えてください」があります。「〇〇」のなかには、ランチやお店、写真スポットなどさまざま。この言葉を伝えると、みなさん親切にいろいろ教えてくれます。教えてくださったお店にいき、またそこで話を伺う、なんてできたら楽しそうですね。人と人の繋がりから、観光ガイドに載っていないような情報が得られると、ちょっと得した気分になれます。

知識も経験も豊富なオトナ女子だからこその「ひとり旅」

年齢を重ね、さまざまな経験や知識を得てきた私たち。とくに新たな知識をインプットしなくても、生きていくことはできます。子どものように覚えることが多い世代からは、卒業したのです。

だからこそ自分と向き合いながら、まだまだ知らないことばかりねと微笑みが生まれる「ひとり旅」が大切なのかもしれません。
時には責任やしがらみから解放されて、見知らぬ土地で見知らぬ自分に出逢ってみてはいかがでしょう。新しい気持ちに気づくかもしれませんよ。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ