七夕/由来/意味

7月7日 七夕

そもそも七夕は、いくつかの風習や神事などが重なり、現代の七夕の形になったんだそうです。

一つは、
「棚機(たなばた)という神事」です。
着物を織って棚に供え、髪様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のケガレを祓うという禊の行事がありました。
その着物を織る選ばれた乙女は「棚機津女(たなばたつめ)」と呼ばれ、使われる織り機を「棚機(たなばた)」といいます。
この行事が後に、お盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになり、「七夕」の当て字で呼ばれるようになったとか。。。

また一つは、
ベガと呼ばれる琴座の織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事を、
アルタイルと呼ばれる鷲座の牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事を司るとされ、
この2つの星が7月7日に天の川を挟んで最も光り輝くことから、一年に一度の巡り合いの七夕のストーリーが中国で生まれたことが由来とか。。。

さらに、
乞巧奠(きこうでん)という中国の行事は、7月7日に織女(しゅくじょ)星に機織りや裁縫が上達するように祭壇に針などを供えて祈るそうです。
それが、時とともに芸事や習字、いろいろな願いごとをするようになり、今の七夕の願いごとをする風習になったとか。。。

笹は、生命力が強く、邪気を祓ってくれる神聖な植物とされ、まっすぐ伸びる笹が短冊の願いごとを空に届けてくれるとの考えがあるそうです。

                    
飾りや短冊にもいろんな意味があり、五節句の一つ「七夕(しちせき)」は、人々の健康や幸せへの願いが込められています。

執筆者:大塚由美(株式会社トリニティ)
関連記事
天然石やオシャレ雑貨に囲まれた美しい空間「ソラ・イス

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ