レシピ/梅雨/梅

梅しごとの季節がやってきました!

梅に雨と書いて、梅雨。この季節がやってくると、今年の梅しごとは何にしようかしらと、ワクワクしてしまいます。

そこで今年の梅しごとは、子どもが喜ぶ梅シロップを作ることにしましたよ。梅干しのように梅を干したりする手間がないぶん、呆気ないほど簡単にできるのでおすすめです。

簡単! 梅シロップの作り方

<用意するもの>
青梅1kg、氷砂糖700g(甘さ控えめです)、竹串、熱湯消毒した容器

<作り方>
1. 青梅を洗い、水につけてアク抜き(1~2時間ほど)
2. 水気を拭き、竹串でヘタを取る
3. 冷凍庫で一晩寝かせる(こちらの工程はやらなくてもOK)
4. 梅、氷砂糖、梅、氷砂糖と順々に入れていく
5. 冷暗所に保管。※ときどき、ひっくり返します。

10日ほどで氷砂糖が溶けて梅が縮んできたら、できあがりです。
※冷凍庫に一晩寝かせずにそのまま漬け込むと、もう少し時間がかかります。

できあがったシロップを弱火で15分ほど熱して密封容器で保存しておけば、保存期間が延びるそうです。
我が家はすぐに無くなってしまうので、加熱の工程は省略しています。

漬け込み3日目でつまみ食いをしてみたところ震え上がる酸っぱさでしたが、1週間もすると梅に砂糖がしみ込んで、おいしくなっていました。

子どもたちも大喜び。梅干しを作ったときは見向きもされなかったのに、梅シロップには興味津々です。とりあえず、炭酸水で割って飲んでみましたよ。熱い日に、スカッと飲みたい! さわやかなお味です。

梅シロップのアレンジレシピ

<梅シロップ+牛乳>
牛乳に梅シロップ大さじ1杯ほどを入れて、混ぜれば出来上がり。なぜかイチゴミルクみたいな味がしてしあわせな気分になれました。小腹がすいた時にも、おなかの足しになりそうです。

<梅シロップの寒天ゼリー>
鍋に入れた水400mlに粉寒天4gをふり入れ、煮溶かします。火を止めて梅シロップ(150ml)を混ぜ合わせます。あとは容器に入れ、冷蔵庫で固まるのを待つだけです。

<梅シロップと味噌の特製ダレ>
梅の種の部分を取り出し、身を切っておく。にんにく少々、味噌大さじ1に梅シロップ大さじ1を混ぜ、そこに細かく切った梅を投入。最後にゴマを入れて出来上がりです。お好みでネギやニラなどを入れてもいいですね。

特製ダレはキュウリやズッキーニなどの野菜から肉、魚まで、オールマイティに使えて便利です。

梅のクエン酸でパワーアップ?

最近、風邪気味だった私ですが、梅シロップを飲むようになってから元気が出てきたような気がします。偶然かもしれませんが、おいしいので梅のお陰と思うことにしています。

手間のかかる梅のヘタ取りを子どもたちがやってくれたので、私がやったことと言えば漬け込みと味見くらい……。ありがたいことです。
みんなで楽しんで元気になれる、6月の梅しごと。みなさまもぜひ、やってみてはいかがでしょう。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ