レシピ/炊飯器/時短

<簡単レシピ>忙しい日の炊飯器活用術

現代の女性は仕事に育児に家事に忙しい毎日を送る方も多いですが、そんな慌ただしい日々の中でも、家族のためにおいしく栄養のあるものを食べさせたいと願うもの。
私も仕事をしながら家事や育児に追われる日々を過ごしていたことがありますが、その中で炊飯器を活用する調理法を身につけました。

炊飯器調理のメリット

メリット1:
なんといってもボタン1つで放っておけばできてしまうという手軽さ。
材料を切って、必要な味付けをすればあとは「炊飯ボタン」を押せばOK。空いた時間に他の料理や家事をすることができ、家事炊事の効率UPにつながります。

メリット2:
「火を使わない」ということ。息子が赤ちゃんの時、おんぶ紐でおんぶをしながら調理をすることが多かったのですが、ガスコンロでの調理だと油が飛んだり、突然機嫌の悪くなる息子に気をとられて火を消し忘れたりすることがありました。炊飯器を活用すれば、赤ちゃんをおんぶしながらでも比較的安心して調理ができます。

炊飯器調理のレシピ

・油で揚げない大学イモ
1.サツマイモを乱切りにする。
2.炊飯釜に水を張りサツマイモをいれてあく抜き(スーパーで買ってきているものなら省略可)をする。
3.炊飯釜中の水を切り、サツマイモに砂糖をまぶす(わが家ではサツマイモ大1本につき大さじ3くらいです)。
4.小さじ1程度の醤油を入れ、炊飯釜ごと左右にシャッフル。
5.大さじ1程の水を入れ、炊飯器にセットし炊飯ボタンを押す。

わが家の炊飯器では炊飯が終わる15分ほど前に取り出すと、丁度よい柔らかさで形も崩れず見た目もきれいに仕上がります。各家庭にある炊飯器の性能や機能により炊飯の癖も変るので、最初は様子を見ながら調理してみてください。

・お米を炊きながらポテトサラダ
1.お米を研いで炊飯釜に水をいつもの分量よりも少し多めに入れたら、アルミホイルで包んだジャガイモと卵をその上に入れる。
2.お米が炊けたら、ジャガイモと卵を取り出し冷ましておく。
3.冷めたジャガイモの皮と卵の殻をむき、マッシャーでつぶす。
4.マヨネーズ、塩、コショウで味を調えて出来上がり。

私はこの方法で、朝食用のお米を炊きながらその日の夕食用のポテトサラダを作ります。ジャガイモや卵を多く入れすぎるとお米がべちゃっとしてしまうので、わが家ではジャガイモは1~2個、卵は1個で作っています。お米と一緒にふかしイモとゆで卵を作ることができるので時短と光熱費の節約にもなりますね。

・ホットケーキミックスで子どものおやつ
1.炊飯釜の中でホットケーキミックスと他の材料を表示の分量通り混ぜる。
2.炊飯器にセットし炊飯ボタンを押す。
3.炊飯が終わったら、竹串で生地の真ん中を刺してみて焼けているかを確かめる。
まだ生の状態だったら、もう一度炊飯ボタンを押す。

炊飯釜1つでできるので洗い物も少なく、火も使わないので息子が1~3歳の頃におやつとしてよく作りました。人参のすりおろしを入れたりリンゴやバナナなどの果物を刻んで入れたりすると、その分栄養価が高くなり味のバリエーションも増やすことができ、無糖のプレーンヨーグルトを少量入れるとさっぱりとした味わいになって大人も楽しめます。

他にも、イモ類やカボチャを蒸かしたり、冷めた肉まんなどのお惣菜を炊飯器に入れ「保温」しておけば、10分程でホカホカに温めたりできます。

忙しいけれど家族の健康もおいしさも大切にしたい主婦の方、炊飯器をこれまで以上に上手に活用してみてはいかがでしょうか?
ただし、炊飯器には様々な種類がありそれぞれの機能や性能、炊飯時間も異なります。中には「お料理コース」といった機能のついた炊飯器もありますが、米以外の料理に利用することをメーカーが推奨していないものもあるので、取扱い説明書などを確認した上で行ってくださいね。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ