姿勢/矯正/メンタル

簡単or難しい / あなたはどっち?心と体のスリム美人

20代の頃は、少し食事制限をすればスルスルと体重が落ち、理想の体型を保てていました。ところが、30代になり出産を終えると食事制限をしても運動を過剰にがんばってみてもなかなか体重は落ちず、むしろ年々微増していく…。なんとかして少し体重が減ったと思っても、食事制限や過剰運動をやめればすぐにリバウンドの日々でした。
そんな時、スタイルが良く、きれいでかっこいいと思っていた職場の先輩女性に「美しい体型でいられる秘訣」を聞いてみました。

その答えは私が必死で行っていたような無理な食事制限や過剰な運動ではなく、日々の生活の中でできる「姿勢を正す」というもの。

姿勢を正す

昔からやや猫背になる癖があったので、この先輩の言葉をきっかけに背筋を伸ばすことを意識し始め、他にも以下のことについて気をつけるようにしました。

・常におへその少し下に力を少しだけ入れる→自然と背筋が伸び、胸も開くようになる
・座っているときは、足を組まない
・座っているときは膝と膝をくっつける
・歩くときは目線を下げず、足の親指と薬指でしっかりと地面を蹴るようにする

姿勢を正すことで、その姿勢を保つために必要な筋肉がつくられていくそうです。
それまでの私は姿勢を意識することは少なく必要な筋肉もついてなかったので、美しい姿勢をキープすることが最初はとても大変でした。特に、「座っているときは膝と膝をくっつける」ことは難しく、デスクワークに夢中になっているとすぐに離れてしまっていました。

ところがコレ、やってみてわかったのですが、膝と膝をくっつけると太ももの内側に力が入り筋肉が鍛えられているのを実感します。その実感が姿勢を保つモチベーションになり、1ヶ月ほど続けたあたりから、無理に姿勢を良くしているのではなく自然にできるようになってきました。

美しい姿勢を保つことで起きた心と体の変化

意識的に姿勢を正す生活を送る中、体重は変わらずとも実感できたこと。それが「体型の引き締まり効果」です。
特に、以前は服の上からでも目立っていたぽっこりお腹が少し引っ込み、周りの人から「なんか前よりきれいになったね。」と褒められることも出てきました。
体重が変わったわけではないのに美しい姿勢を意識するだけで、人の印象も変わってくるのだと実感しました。

更に、姿勢を正すことを意識して起きた変化は体だけではありませんでした。背筋を伸ばして目線を上げて歩いているだけで、心がウキウキすることが増えたのです。
背筋を伸ばして胸を開き空気をたっぷり吸いこむようになったおかげなのか、様々なことを前向きに取り組めるようになり、仕事や家事をテキパキとこなせる自分にうれしくなったものです。
そんな私の変化を見ていた夫も「最近イキイキしているね」とニコニコしながら言ってくれたことも!

「姿勢を正すことで心が前向きになる」「私が笑顔でいると家族も笑顔になる」、こんな好循環が生まれていることに気づかされました。

憧れの先輩からのアドバイスを実践してみて「女性の美しさ」は、体重の数値や体型などの外面だけでなく内面も磨き続けるところにあるのではないかと感じるようになり、正しい姿勢を意識するだけで心にも体にも良い効果を実感でき、人への印象を良くすることにもつながったのです。
姿勢を正すことを通して心も体もスリム美人に近づけるよう、現在も美しい姿勢をキープ中です。

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ