スキンケア/手

女の「欲」が、ハンドケアをかえる

女は欲張りな、いきもの。うるおいが欲しいといいながら、過度に保湿されると肌がべたつくとなげいたり、程良くうるおうと、もっと艶感が欲しいと願ったり…。愛すべき強欲さを備えています。
だからこそ女は、美への探究心を忘れないのかもしれません。欲張りになって、自分の理想とする美しさのカタチに近づこうとするのです。

体の部位によっても、その「欲」の在り方は変わってきます。
たとえば手。見た目の美しさだけではなく、実際に触れた際の「清潔感」も欲しいところ。顔ならば多少べたついてもメイクでケアできますが、手は難しいですよね。毎回そんなことでは、家事もはかどりません。

そこで今回は、べたつかないで心地よく使え、しっかりとうるおう。ハンドケアコスメについて考えてみたいと思います。

手つなぎで悟った、ハンドケア

子どもがまだ幼稚園入園前のことです。
手をつないで歩いていると、子どもの手が湿り気を帯びていたことがありました。「ちゃんと手を洗って、拭いた?」と訊きながら手の平を確認しても、濡れてなどいません。汗もかいていないようです。
不思議に思い、手の甲に触れて気づきました。子どもはただ「うるおっていただけ」なのです。内側から溢れでる天然の保湿剤が、子どもの手をうるおいのヴェールで包んでいたのでしょうか。

しかし子どもの手をにぎった際、私はたしかに「水分」を感じたのです。だから「ちゃんと手を洗って、拭いた?」と訊いたのでした。もしかして、みずみずしい小さな手と重なった私の手が、本能的にそのうるおいを欲し、吸い込もうとしたのではないか、と思ったほどです。
クリームを手に塗れば、皮膚の水分が守られるように、子どもの天然うるおいヴェールは、大人の肌には栄養剤だったのかもしれません。
そこでクリーム状ではなく「水」状……すなわち液体のモノを手につけてみれば、適度なうるおい感が得られ、べたつきも軽減できるのではないか。今更ながら、そう考えたのでした。

キーワードは「水分」

顔も、化粧水の後にクリームや乳液をつけますよね。ならば手も水分を与えてから、蓋をすればいいのです。水分があることでクリームが少量で済み、べたつきも軽減されるようです。手タレといわれるモデルさんも採用しているハンドケア方法なので、お墨付きですね。
とはいえ、化粧水とクリームを毎回つける余裕は、なかなか持てないものです。
美しさと使い心地、そして時間までも同時に手に入れるには、どうしたらいいのでしょうか。

そこで注目したのが、化粧水とオイル成分が同時に楽しめる、スプレータイプのハンドケアコスメです。たまたま目に留まった「メルトリッチ ボーテ ハンドトリートメントオイルミスト 30ml」 (株式会社ナリスアップコスメ)をさっそく取り寄せてみました。
こちらの品。見た目はリフレッシュ用のアロマミストのようですが、よく見ると液体とオイルの二層構造になっています。振ることで乳化させてからスプレーしていくのですね。

正直、こちらを使うまでは、適度にうるおい、べたつきもなく、すぐに携帯がいじれるようなハンドケア剤であればいいと簡単に考えていた私。
ところが、それだけではありませんでした。
スプレーした途端に広がる、花の香り。癒されますね。好きな香りは、その人をポジティブな気もちにさせてくれるようです。この小さな容器には、リフレッシュできるというメリットまで、つまっていたのです。
香りで気分転換して、手もうるおい、またすぐに日常生活へ戻れる。こういうアイテムがあれば、美しさも心地よさも、時間も同時に手に入りそうです。

肝心のべたべた感ですが、ご安心を。とくに気にならず、パソコン作業をすぐに再開できました。
冬場などに保湿力をアップさせたくなったら、上からクリームをつけて、もう片方の手で甲を温めてみることをおすすめします。子どもの手をつないだ時のように、湿り気を帯びた方の手から乾燥気味の手に、うるおいがやさしく伝わっていくことでしょう。

欲張りな女の味方が、またひとつ増えましたね。すてきなことです。今日から、指先美人をめざして…。陰ながら応援しています。

参考:ナリスアップコスメティックス(メルトリッチ ボーテ ハンドトリートメントオイルミスト 30ml)

ビジネスシーンでも輝く、オトナの女になる<特集>

カテゴリー一覧

News

2017/7/6
女性向け情報発信サイト Woman’s move(ウーマンズムーブ)グランドオープン

メルマガ登録

ウーマンズムーブ厳選の良質な記事をお届けします。

・読みたいカテゴリーを選択(複数可)してください。(必須)

Woman's move 公式SNS

ページTOPへ